東京で体験する島根
3/12(日) 石見銀山世界遺産登録10周年シンポジウム「世界を変えた日本銀」開催!

島根県にある石見銀山遺跡がアジアで初めて鉱山遺跡として世界遺産に登録されて、今年7月に登録10周年を迎える。東京大学名誉教授・村井章介氏の基調講演と世界遺産検定マイスターでもある弁護士の本村健太郎氏を交えたパネルディスカッションを通して石見銀山の魅力と価値に迫ります。

<開催概要>
日時 2017年3月12日(日)13:30~16:50
会場 日本消防会館 ニッショーホール
(東京都港区虎ノ門2-9-16)
内容 ◆基調講演
「石見銀山からみたアジア、そして世界」
 村井章介氏(東京大学名誉教授・立正大学教授)

◆パネルディスカッション
「世界を変えた日本銀」
<コーディネーター>
 仲野義文氏(石見銀山資料館館長)
<パネリスト>
 村井章介氏(東京大学名誉教授・立正大学教授)
 岡美穂子氏(東京大学史料編纂所准教授)
 山崎岳氏(奈良大学文学部准教授)
 本村健太郎氏(弁護士・世界遺産検定マイスター)
定員 700名(入場無料:要事前申込み)
申込方法 参加をご希望の方は、FAX・ハガキにてお申し込みいただくか、こちらの参加申込フォームよりお申し込みください。
申込締切 平成29年2月26日必着
*応募者多数の場合は抽選で、開催日の1週間前をめどに受講はがきを送付します。
主催 島根県教育委員会
後援 読売新聞社
お問い合わせ 石見銀山シンポジウム事務局
TEL.03-3642-4301(平日10:00~17:30)
URL 石見銀山シンポジウム「世界を変えた日本銀」
 
トップページ 施設のご案内 生産者一覧 出品要領・モニタリング 採用情報 サイトマップ リンク集 アクセス